バンドを始めたらMVを撮ってみよう!ミュージックビデオのメリットや制作方法を紹介

2017.10.21

MV 撮影

メジャーで活躍するバンドのプロモーションに欠かせないツールである「ミュージックビデオ」。一昔前まではPVなんていう名前で呼ばれていましたが、最近ではMVという呼び名が定着していますね。MVは、メジャーでもインディーズでも、「レーベルなどの組織に属しているアーティストが作るもの」と思われがち。しかし、実は、まだ駆け出しのバンドマンでも、MVを撮ることに大きな意味があります。MVを撮ることのメリットなどをご紹介します!

MVを取ることのメリット

自分たちの曲を映像にのせて届けることのできるMV。昨今では、アマチュアでも、YoutubeなどでMVを配信しているバンドも増えてきました。では、MVを撮り、配信することにはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

露出が増える

MVを撮ることの一つ目のメリットとして、「露出が増える」ということが挙げられます。例えば、あなたがYoutubeで「いい音楽ないかな~?」と新しいバンドを探していた時、曲の音源のみをあげているバンドと、MVをアップしているバンド、どちらの動画をまず視聴するでしょうか?答えはもちろん、後者ですね。つまり、MVをアップすると、曲のみをアップするよりも「格段に人目に付きやすくなる」わけです。どんなにいい曲を持っていたとしても、知られていなければ意味がありません。MVをアップして、露出を増やしましょう。

 

ライブハウスのブッキングやイベントに誘われやすくなる

露出が増えることに伴って、ライブハウスからの出演依頼や、イベントへの誘いも増えるのもMVのメリットです。また、MVがあることによって、ライブハウス関係者や他のバンドに「しっかりしたバンド」という印象を与えることができます。MVを撮影するということは、それなりに活動を行っているということ。つまり「集客も多いんじゃないか?」と思われ、バンバン誘いが来るようになりますよ。ライブハウスやイベンターも、「普段あまり活動していなさそうな、勢いのないバンド」は、極力呼びたくないと思っていますからね。

MVはどうやって撮ればいいの?

MVがあることはバンドにとって大きなメリットです。「でも、経験がなければ映像を作るのは難しいんじゃ…」と思われている方もいるのではないでしょうか?結論、アマチュアバンドのMVは、そこまで高いクオリティは必要ありません。以下では、どのようにMVを撮ればよいのかをご紹介します。

 

撮影内容はどうするか

まず、MVの撮影を行う前に撮影する内容を考えなくてはいけません。「ドラマ調にして歌詞の世界観にリンクさせる」や「全く関係のない風景の映像にする」など、アイディアを上げていくときりがありません。しかし、極論を言えば「なんでもいい」のです。特にアマチュアバンドの場合、MVは「あること」に意味があります。「バンドメンバーで話し合ったど、全然話が進まない…」という場合は、最悪演奏シーンのみのMVでも全然OK。MVがないよりは、あったほうが遥かにマシです。

 

撮影はiphoneでも全然OK

まず、撮影機材に関して。もちろん画質のいいビデオカメラや一眼レフがあれば、そういった機材を使って撮影するに越したことはありません。しかし、もしなければ「iphone」でも十分です。iphoneを使っている方はご存知でしょうが、カメラの画質、バカにできないくらい良いですよね(笑)欲を言うと、iphone用の三脚や広角レンズなんかがあれば、より撮影の幅が広がるでしょう。

 

編集はi movieで

最後は編集。編集は、Macにデフォルトで入っている「i movie」のアプリがおすすめです。操作もとても簡単なので、初心者でも簡単にMVの編集をすることができますよ。Windouwsであれば、似たような無料の動画編集ソフトに「ムービーメーカー」というものがあります。ですが、個人的にはMacのi movieの方が使いやすいかな、という印象です。

 

自分でできない人は代行サービスを利用

中には、MVに関して、「自分じゃ何もできない…」という方もいることでしょう。そんなあなたは、撮影代行サービスを利用するのがいいかもしれません。この「ARTIST PHOTO.jp」は、企画、撮影、編集まで請け負ってくれるというサービス。料金はバンドだと¥16,0000円です。お金はかかりますが、余裕のあるバンドマンは利用してみてもいいでしょう。

まとめ

MVを作ることのメリット、その作り方について簡単にご紹介しました。アマチュアバンドの場合、内容の良し悪しにかかわらず、MVはあったほうが絶対に得です。MVを持っていないバンドは、今すぐに企画に取り掛かりましょう!

 

今日は以上です。

 





CDジャケット 制作実績

レコ発を検討中のバンドはこちらをチェック

【CDプレスとは何かを知ろう】レコ発前に知っておきたい基礎知識

ジャケットデザインバーストって何??

バンドのCD制作から発売(レコ発)までの7つの流れ

初めてレコ発するバンドのためにレコーディングスタジオの選び方から作業内容を徹底解説します!

CDジャケットの作り方【素人でもプロ並みのCDジャケットを自作】

 

プロフィール

よっしー

よっしー(田中義一)

1985年千葉生まれ。バーストのブログを書いている人。デザインも少々。これまで1,000を超えるバンドにデザインを提供してきました。基本サッカー見ながらパソコンいじってる。外出時はパソコンいじれなくてソワソワして落ち着かない。
性格⇒ポジティブだけど打たれ弱い。超リアリスト。
好きなもの⇒ハンバーガー、サッカー観戦、熱帯魚