時間内で満足できるレコーディングをするために準備すべきこと7つを紹介

2017.2.4

レコーディング 準備

よっしー
どうもよっしーです。

 

バンドマンたちにとって欠かせないレコーディング。レコーディング代はなかなか高額でいくらでも時間に余裕をもって作業ができるわけではありません。なるべく効率的に短時間でハイクオリティーなものを仕上げるためにはそれなりの準備が必要です。

 

そこで今回はレコーディングをなるべく短時間かつクオリティーの高い作品にするために行ったほうがいい準備7選をご紹介します!

 

【CDプレスとは何かを知ろう】レコ発前に知っておきたい基礎知識

バンドのCD制作から発売(レコ発)までの7つの流れ

楽曲を完全に固める

レコーディングをするにあたり「録る予定の曲がまだ完全にできていない」という場合がまれにあります。そんな場合は早急に曲のイメージを固めましょう。そのままレコーディングに挑んでしまうと曲作りと並行してレコーディングを行わなければいけなくなってしまうので曲を取り終えることができなくなってしまいます。

コーラスパート、アレンジなどは事前に考える

上記の楽曲ができていないパターンは比較的少ないと思いますが、アレンジやコーラスパートを固めずにレコーディング当日になってしまうケースは結構あります。「ここにコーラスを入れればもっと良くなるかもな」というようなアイディアはメンバー間で徹底的に出し合い当日までにこれ以上ないというようなアレンジを考えておきましょう。

BPMの設定

BPM設定とは曲の速さを設定することです。曲の速さは不思議なもので自分たちが演奏して気持ちいいと感じている速さと聴いていて気持ちいいと感じる速さは違ったりする場合が多いのです。

 

なので事前に自分たちの演奏を録音し客観的に「聴いていて気持ちいい」と感じる速さを見つけることが必要です。当日になって「もうちょっと速いほうがよくない?」という話になるといつも練習している速さと違うので失敗してテイク数を増やしてしまう原因になります。必ず事前に決めておきましょう。

徹底的に練習する

曲のイメージ、アレンジ、速さが固まったら、徹底的に練習しておきましょう。レコーディング当日は緊張などで失敗しテイクを重ねるうちにスランプになって全然先に進まない…という出来事はつきものです。

 

もう完全に演奏に慣れてしまう、というくらいの練習を重ねましょう。そして逐一ボイスレコーダーなどで自分たちの演奏を録音し聴いてみましょう。欠点を見つけることもできますし「録られている」という状況に慣れることもできます。

楽器の調整

レコ―ディング 準備 マイク

自分の楽器は当日までにしっかりメンテナンスしておきましょう。ギターの弦がさびていたりオクターブチューニングが狂っていたりすると最高のパフォーマンスが出せません。弦が切れたとき用にストックも必ず持っていきましょう。

 

また当日はギターやベースなど複数本あったほうがいいです。トラブルに対応できますし音を使い分けることもできるので持っている楽器はなるべく多く持っていきましょう。

当日のタイムスケジュール作成

レコーディング当日の時間割を事前に決めておきます。注意したいのはかなり余裕を持ったスケジューリングをするということです。レコーディングで時間が押してしまうのはよくあることです。メンバー間で話し合い余裕を持ったスケジュールを作成してください。

 

個人的に、一番時間をかけたいのは録音前の「音作り」の工程です。演奏技術もそうですが音が楽曲にあっているかで曲の印象もだいぶ変わってきます。

 

また普段自分がアンプから出している音録音してスピーカーから出てくる音はびっくりするくらい違います。自分の出したい音を出せるまで音は作りこみましょう。

曲の構成表を作成する

これは自分たちのためというよりは一緒に作業してくれるエンジニアがスムーズに動けるようにするためのものです。構成表といっても簡単なもので、歌詞とA、B、サビがどこから始まるのかということが示されていればOKです。

 

この構成表がないと曲の途中から録り直す際エンジニアとのコミュニケーションがうまくとれません。歌詞と構成を共有できていれば「B1の部分から録りなおしたい」など指示がしやすいですよね。

まとめ

今回は「レコーディングまでに準備すべきこと7選」をご紹介しました。

 

レコーディングでは新たな発見がたくさんあります。アレンジを完全に決めていってもレコーディング中アイディアが浮かんだりしてさらにいい曲になったりする場合もあるのです。

 

また、レコーディングには失敗がつきものです。もしメンバーがミステイクをして時間が押してしまってもフォローしてあげましょう。レコーディングスタジオで喧嘩は禁物です。いい作品ができなくなってしまいますからね。

 

レコーディングは当日のパフォーマンスもそうですが、準備も同じくらい大切です。しっかり用意して本番に臨みましょう!

 

今日は以上です


こちらの記事もおすすめ

【CDプレスとは何かを知ろう】レコ発前に知っておきたい基礎知識

企画ライブ、主催イベントを開催しよう!企画のやり方やノルマなどの基礎知識

バンドのCD制作から発売(レコ発)までの7つの流れ

CDジャケット 制作実績

 

レコ発を検討中のバンドはこちらをチェック

【CDプレスとは何かを知ろう】レコ発前に知っておきたい基礎知識

ジャケットデザインバーストって何??

バンドのCD制作から発売(レコ発)までの7つの流れ

初めてレコ発するバンドのためにレコーディングスタジオの選び方から作業内容を徹底解説します!

プロフィール

よっしー

よっしー(田中義一)

1985年千葉生まれ。バーストのブログを書いている人。デザインも少々。これまで1,000を超えるバンドにデザインを提供してきました。基本サッカー見ながらパソコンいじってる。外出時はパソコンいじれなくてソワソワして落ち着かない。
性格⇒ポジティブだけど打たれ弱い。超リアリスト。
好きなもの⇒ハンバーガー、サッカー観戦、熱帯魚