ヘヴィメタルのサブジャンル 【Black Sabbathの遺伝子】

2017.4.21

ヘヴィメタルとは

ヘヴィメタルは1960年代に確立されたハードロックに端を発し、イギリスのバンドBlack Sabbath(ブラックサバス)が1970年に発表した1stアルバム「Black Sabbath」をもって完成に至りました。彼らの音楽は後続のヘヴィメタルバンドに多大な影響を与え、様々なサブジャンルの誕生を促しました。

Black Sabbathこそ、現存するあらゆるエクストリームメタルの始祖だといっても過言ではありません。今回は、Black Sabbathに強い影響を受けて誕生したヘヴィメタルのサブジャンルをみなさんにご紹介します。

ドゥームメタル

Black Sabbathの音楽性を最も色濃く受け継いでいるサブジャンルがドゥームメタルです。

遅く引き摺るようなリズムと、妖しげなヴォーカルが特徴的です。

1stアルバムの一曲目を飾る楽曲「Black Sabbath」こそ、すべてのヘヴィメタル、そしてドゥームメタルの基礎となりました。

代表的なバンドに、CathedralやElectric Wizardなどがあります。

 

ドゥームメタルからさらに分岐したサブジャンルに、フューネラルドゥームやスラッジコアなどがあります。

フューネラルドゥームは、後述するデスメタルの影響も色濃く、Funeral=葬儀という名のとおり、葬送を思わせるような陰鬱で物悲しい雰囲気が特徴的です。

代表的なバンドに、WorshipやMournful Congregationなどがあります。

スラッジコアは、ドゥームメタルとハードコアパンクが融合して派生したサブジャンルで、Sludge=泥濘という名のとおり、ずるずると泥の中を引き摺るようなリフワークが特徴的です。

代表的なバンドに、EyehategodやKhanateなどがあります。

ゴシックメタル

ゴシックメタルはドゥームメタルと並んで、Black Sabbathの影響を非常に強く受け継いでいるサブジャンルです。その音楽性は多岐に渡りますが、多くのバンドが、静と動、美と醜など相反する要素を両立させた世界観を基盤としています。

Black Sabbathの1stアルバムこそゴシックメタルの典型だといわれています。代表的なバンドに、Paradise LostやMy Dying Brideなどがあります。

 

スラッシュメタル

スラッシュメタルはスピードメタルから派生したサブジャンルで、鞭打つような速いリズムと印象的なリフワークを特徴としています。

1970年に発表された2ndアルバム「Paranoid」の表題曲や、1971年発表の3rdアルバム「Master Of Reality」収録の楽曲「Children Of The Grave」などの影響を受けて発展したといわれています。

代表的なバンドに、SlayerやSepulturaなどがあります。

 

スラッシュメタルからさらに派生したサブジャンルに、初期ブラックメタル(ブラックスラッシュ)やデスメタルなどがあります。

初期ブラックメタル(ブラックスラッシュ)は、スラッシュメタルにBlack Sabbathが掲げる悪魔崇拝的な要素を強く取り入れたサウンドが特徴的です。

代表的なバンドに、Celtic FrostやBathoryなどがあります。

デスメタルは、スラッシュメタルをさらに過激にしたサウンドと、俗にデスヴォイスと呼ばれる歪んだヴォーカルが特徴的です。

代表的なバンドに、Morbid AngelやCannibal Corpseなどがあります。

また、デスメタルは後にブルータルデスメタルやゴアグラインドといったサブジャンルへと派生していきます。

ブルータルデスメタルは、デスメタルをさらに過激に発展させたサブジャンルで、音数の多さや複雑怪奇な曲展開が特徴的です。

代表的なバンドに、CryptopsyやDevourmentなどがあります。

ゴアグラインドは、ハードコアパンクから派生したグラインドコアに、デスメタルの猟奇性を融合させたサブジャンルです。

代表的なバンドに、CarcassやLast Days Of Humanityなどがあります。

ブラックメタル

ブラックスラッシュから著しい発展を遂げて、ブラックメタルは隆盛を極めました。

前述のドゥームメタルに絶大な影響を与えた1stアルバムの表題曲は、ブラックメタルの形成にも大きな影響を及ぼしています。

その音楽性は多岐に渡りますが、コープペイントと呼ばれる死者に扮するメイクを施した過激なファッションと反キリスト的主義的な思想が特徴的です。

1990年代には過激な反キリスト思想から、教会への放火や殺人などの犯罪行為に手を染めるアーティストが続出しました。

代表的なバンドに、MayhemやDarkthroneなどがあります。

 

ブラックメタルが内包するサブジャンルは、プリミティヴブラック、ファストブラック、ディプレッシヴブラック、メロディックブラック、シンフォニックブラック、インダストリアルブラック、など多岐に渡ります。

また地域によって音楽的特徴に一種の傾向が見られることから、ノルウェイジャンブラック、スウェディッシュブラック、フレンチブラック、ジャパニーズブラックなど地域別にカテゴライズをされることもあります。

以下に各サブジャンルを象徴する楽曲を例示します。

プリミティヴブラック

Sortsind / Vandrer Blandt Dodminge

ファストブラック

1349 / Chasing Dragons

ディプレッシヴブラック

Xasthur / Prison Of Mirrors

メロディックブラック

Dissection / Nights Blood

シンフォニックブラック

Dimmu Borgir / Progenies Of The Great Apocalypse

インダストリアルブラック

Anaal Nathrakh / Pandemonic Hyperblast

ノルウェイジャンブラック

Gorgoroth / Ritual

スウェディッシュブラック

Dark Funeral / The Secrets Of The Back Arts

フレンチブラック

Mutiilation / Magical Shadows Of A Tragic Past

ジャパニーズブラック

Sigh / Hail Horror Hail

最後に

ヘヴィメタルの細分化が進むにつれて、Black Sabbathの遺伝子はこれからも脈々と受け継がれていくことでしょう最後は駆け足でのご紹介になってしまいましたが、Black Sabbathという偉大なバンドがロックの世界に与えた影響の大きさを感じ取っていただければ幸いです。

 


こちらの記事もおすすめ

伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックス【JIMI HENDRIX】の伝説・名曲

RADIOHEADの人気曲・アルバムを紹介【UKROCKの雄】

THE WHOの特徴と歴史

プロフィール

よっしー

よっしー(田中義一)

1985年千葉生まれ。バーストのブログを書いている人。デザインも少々。これまで1,000を超えるバンドにデザインを提供してきました。基本サッカー見ながらパソコンいじってる。外出時はパソコンいじれなくてソワソワして落ち着かない。
性格⇒ポジティブだけど打たれ弱い。超リアリスト。
好きなもの⇒ハンバーガー、サッカー観戦、熱帯魚

アルバイト・ライター・デザイナー募集