バンドにリーダーがいるとバンド活動が円滑に進む!役割や悩みについても紹介

2017.3.7

band leader バンド リーダー

バンドの問題に決定を下すのはほとんどリーダーの役割

よっしー
どうもよっしーです。

 

一般的なバンドにはリーダー(バンマス)と呼ばれる存在がいます。バンドの中の精神的支柱であったり、具体的な技術の指導者だったりと、その立ち位置は様々ですが、バンド内の問題に決定を下すのは、ほとんどリーダーの役割です。

 

「チームなんだから、何事も皆で決めればいいんじゃないの?」という意見ももちろんあると思います。そういわれると確かに、バンドのリーダーって必要なのでしょうか?今回は、バンドリーダーの必要性、その役割についてご紹介します!

結論から言うと、リーダーは必要

バンドリーダーは必要か、不必要か、結論をズバリ言うと「必要」です。しかも、バンドにはなくてはならないというくらい、リーダーの存在は欠かせません。バンドだって会社のように一つの「組織」です。会社には社長がいて、部長がいて…と様々な指示系統が存在しますよね。そのように大げさなものではありませんが、バンドにだってそれが必要なのです。でないと意見が分裂してしまったときにいつまでたっても答えが出ず、行動が起こせなくなります。なので最終的な決定を下す人間がいなくてはなりません。

理想のリーダーとは

ではバンドのリーダーに必要な資質って何なのでしょうか?もちろん、欲を上げればきりがありません。例えば音楽的な知識が豊富なことです。演奏に関して様々なアドバイスができれば、その面でメンバーの信頼が集まりますよね。また、カリスマ性もあればなお良いです。佇まい、振る舞いだけで人を魅了してしまうような人には、ついていきたくなりますからね。

 

でも、本当に最低限必要なのは、「リーダーシップ」「責任感」だけなのです。リーダーはバンド内において、様々な事柄に決定権を持っています。なので自分が正しいと思った方向にメンバーを導き責任をもって判断が下せる力が必要になるのです。また、その際に独りよがりになってはいけません。決定を下すのはリーダーですが、周りの意見をしっかり聞くのが基本です。また、誰かの意見を否定する場合は、しっかり理論立ててダメな理由を説明するようにしましょう。

リーダーの仕事とは何か!?

では、具体的にリーダーの仕事って、どのようなものがあるのでしょうか?

 

〇ライブスケジュールの管理

バンドには様々なライブハウス、イベンターなどから出演依頼がきます。それらすべてに出演することは難しいので、ライブの取捨選択をすることになるのです。それを決めるのはリーダーの役割になります。例えばノルマの多さ対バンなど様々な条件を比較して出演ライブを決めるのです。

band leader バンド リーダー 連絡

〇練習中の注意

練習中、演奏に関してアドバイスをしたり時には注意をします。それをするためには演奏能力、また音楽的知識が豊富でなければいけません。そうでない相手に注意をされても説得力がなく、相手が腹を立ててしまう可能性がありますからね。

 

〇ライブハウス内でのあいさつ

ライブハウスのスタッフ、対バンの相手に率先して挨拶をするのもリーダーの役目です。挨拶はとても重要でバンドのイメージに関わる大切なものになります。

 

〇ライブハウスでの書類提出

ライブの前にはライブハウスに様々な書類を提出しなくてはなりません。PA、照明スタッフ用のセットリスト表、受付スタッフ用の予約リストなど、結構書くのが大変です。

 

〇スタジオの予約

バンドの練習にはスタジオを使うのが基本です。なので電話でスタジオの予約を取ることも必要になります。

 

〇ライブハウスとの連絡

ブッキングをしてくれるライブハウスやイベンターなどとのやり取りをする仕事もあります。メールや電話でやり取りをするのですが、時間を割かなくてなならないので面倒に思う人が多いでしょう。

リーダー任せはNG、分業が基本

上記のようにリーダーには様々な仕事があります。でもバンド内でリーダーがこれらすべてをこなしている場合は少ないです。それではリーダーの負担が大きくなりすぎますからね。たとえばスタジオ予約、ライブハウスでの書類提出は他のメンバーがやる、などバンド内では分業体制が必要になります。

 

また、ただでさえ負担が大きいボーカルはリーダーを避けた方がいいでしょう。一人に負担がかかってしまうとそこから亀裂が生じ、バンドが崩壊してしまう可能性もあります。必ず負荷は分散させるようにしましょう。

 

演奏中のリーダーはこいつだけど、ライブの決定はこいつがやる、というように場面ごとでリーダーを変えるのもありですよ。

リーダーは悩みが尽きない

リーダーは当然のことながら仕事量や責任、悩みの多い役割になります。あらかじめそれを理解した上でリーダーをやりましょう。

どうしてもイライラしてしまう、喧嘩ばかりで悩んでいるという方はこちらも参考にしてみてください

 

①やることが多い

上記のリーダーの仕事だけでもとても大変ですが、それ以外にも突発的な作業が出てきます。もちろんメンバーと話し合って他のメンバーにやってもらうことも大事ですが、誰もやり手がいない場合はリーダーが責任を持ってやりましょう。

 

「俺がこんなに働いてるのに何で他のメンバーは何もしないんだ・・・。」「バイトが忙しい!?俺だってバイトだわ!!」なんて思うことがあると思いますが、そんな時でも後始末をするのがリーダーだと割り切りましょう。でないと毎回ケンカばかりのバンドになってしまうでしょう。

 

②基本周りは何もしてくれない

周りは基本何もしてくれないのは当然だと思っておきましょう。人それぞれバンドに対する考え方や熱量が違うのは当然です。「俺はこんなに働いてるのにあいつは何もしない」「ちっともバンドのことを考えてくれない」と思うことも多いと思いますが、それも理解した上でリーダーを引き受けましょう。

 

まあ全員が全員リーダーのように意見して引くことをしない人たちばっかりだったら逆にまとまりのない、喧嘩ばかりのバンドになってしまうと思いますけどね。何もしてくれない人が居るくらいがちょうどよかったりもします。

 

さすがに全員がこんなに非協力的なバンドも少ないと思いますが、そうなっても大丈夫なようにあらかじめ心の準備はしておきましょう。

 

③スケジュール決めの連絡などがうまくいかない。返信がない

「LINEくらい30秒で返せるだろ!」って思うかもしれませんが、スケジュール決めやその他大切な連絡が返ってこなかったりします。もう穏やかな心を持つしかありません。

 

私の経験上、こんな時はキレたような口調の催促をしてもいいことはありません。穏やかな口調で催促しましょう。もしくは初めの連絡の時あらかじめ「急ぎの要件なので○日○時までに返事くれると助かります。」くらいにコメントを添えて連絡をしておきましょう。

まとめ

今回はバンドのリーダーの必要性、仕事や悩みについてご紹介しました。リーダーがいるにしても、バンドはチームです。リーダーはしっかりその他の意見を聞き、思いやることが必要になります。もちろんその他のメンバーも、リーダーの負担を軽減させるよう努力をしましょう。バンド内で円滑な人間関係を作ることで、バンド自体の活動もスムーズになりますよ!

今日は以上です。

こちらの記事もおすすめ

バンド内で喧嘩しないための心の持ち方【許すことで関係改善】

【ライブハウスでの振る舞い】成功するバンドマンは必ずやっている!?

人気のバンドメンバー募集サイト【厳選8個まとめ】

 

レコ発を検討中のバンドはこちらをチェック

【CDプレスとは何かを知ろう】レコ発前に知っておきたい基礎知識

ジャケットデザインバーストって何??

バンドのCD制作から発売(レコ発)までの7つの流れ

レコーディングまでに準備すべきこと7つを紹介

プロフィール

よっしー

よっしー(田中義一)

1985年千葉生まれ。バーストのブログを書いている人。デザインも少々。これまで1,000を超えるバンドにデザインを提供してきました。基本サッカー見ながらパソコンいじってる。外出時はパソコンいじれなくてソワソワして落ち着かない。
性格⇒ポジティブだけど打たれ弱い。超リアリスト。
好きなもの⇒ハンバーガー、サッカー観戦、熱帯魚